会社案内COMPANY

沿革HISTORY

昭和8年11月
現在の東邦地下工機株式会社の母体となるヤマト工作所が創業。
昭和21年5月
昭和20年8月終戦と共に事業運営停止に付き、西部支店(下関市)を改組、同地を本社として、新事業体「株式会社ヤマト工作所」を発足。
代表取締役 岡本幸三郎。
昭和23年1月
下関市大字西南部町を本社とし、社名を「東邦地下工機株式会社」と改称。
昭和24年1月
東京都千代田区飯田橋に「東京支社」を社屋落成。
昭和24年11月
建設業の建設大臣登録を行う。
昭和30年3月
戦後ボーリング界に初めての大工事と言われる「上椎葉アーチダム」のボーリング・グラウト工事を完遂。
昭和34年6月
東京支社を千代田区飯田橋より千代田区内幸町(大阪ビルディング)へ移転。
昭和36年9月
戦後初の海外工事として、炭層調査の委託を受け、技術員をボルネオへ派遣。
昭和39年10月
福岡市に「福岡工場」落成。

 

昭和40年10月
ボーリング界に初めての大口径地滑り対策工事として、昭和36年着工の四国肱川防災工事を完成。
昭和40年12月
リバースペンデュラム設置工法の施工を開始。
昭和42年11月
大阪市浪速区に「大阪支店」開設。
昭和43年9月
松山市平和通りに「松山営業所」を開設。

 

昭和46年3月
TH型機開発、大口径鋼管によるパイプルーフ工法開発。
昭和47年6月
本社を下関市より福岡市博多区上月隈に移転。
福岡工場を本社直轄工場とする。
広島市光町に「広島営業所」開設。
昭和49年3月
東北地区販売拠点として仙台市に「仙台営業所」開設。
昭和52年12月
信越・北陸地区販売拠点として「新潟営業所」開設。
昭和54年8月
名古屋市東区白壁1丁目に「名古屋営業所」開設。
昭和56年4月
山口県山口市に「山口営業所」を開設。
昭和56年9月
TH水平ボーリング機による鋼管の推進技法を集約してオーケーモール工法と呼称。TH型を下水道用小口径推進のベースマシンとして販売を開始。
昭和61年4月
代表取締役 城島 正幸
平成元年7月
代表取締役 岡本 幸憲
平成元年10月
東京支社を大阪ビルディング1号館より日比谷ダイビルへ移転。
平成3年10月
金沢市近岡町に「金沢営業所」開設。
平成6年10月
札幌市東区に「札幌営業所」開設。
平成7年3月
熊本市菊池郡に「熊本営業所」開設。
平成13年8月
大阪支店を営業所とし八尾市に移転。
平成13年11月
福岡工事部 ISO9001 登録
平成15年1月
土壌汚染対策法に基づく指定調査機関となる。
平成16年6月
『軽量型ボーリングマシン研究会』  発足(西日本・東日本支部)
平成16年11月
モンゴルにて極寒地用調査機器の開発・検証
平成17年10月
東京支社を内幸町から東品川へ移転。
北京での展示会「8th BICES」へ出展。
平成18年11月
上海での展示会「BAUMA CHINA 2006」へ出展。
平成19年11月
バンコクでの展示会「CONSTECH 2007」へ出展。
平成23年9月
ジャカルタでの展示会「MINING INDONESIA 2011」へ出展。

営業所ニュース

過去の記事を見る

製品の検索